2018

2

22

S40工業化学科卒 クラス会

◆ 開催月日  2018年(平成30年) 2月22日(木) 、23日(金)

◆ 会場      山代温泉 山下家

◆ 参加者    10名

◆ 内容     懇親会

私達クラス会は会社等退職後はゆっくりと人生を楽しもうと2年又は3年に1回は再会しております。又工学部学友会総会もその間に開催され毎年再会している感じで学生時代そのものです。

同窓生39名中、昨年12月末で物故者5名、連絡不明者2名と仲間意識が非常に良くすぐにまとまります。

5回目のクラス会は前回開催時に温泉で一泊と内定したので北陸出身者3名が幹事として活躍して頂きました。

心知れた仲間達ですのでスケジュールから脱線が多く、列車中での一次懇親会、加賀温泉駅前での昼食後2ケ所名勝廻りの予定でしたが昼食延長の二次懇親会

そして今宵の宿{加賀山代温泉:山下家}に到着して北陸出身者とホテルのお迎えを頂き、温泉入浴 親睦懇親会 カラオケ大会 一日の疲れをほぐし明日への活力を補いました。

2日目は名勝廻りとして現地の人のマイカ-で北陸有数のお寺 那谷寺へ那谷寺は“717年に開創して、白山の神を信仰し、洞窟の中に千手観音をまつり、洞窟は母親の胎内とみて古い時代より、「胎内くぐり」の聖地です”。

次は明治34年から昭和45年頃迄の世界の自動車が約500台ズラリ並でいる日本自動車博物館を見学いたしました。

最後は加賀温泉駅前で最後の懇親会を開き又再会出来ることを祈り一路帰宅へ

                         (長谷正勝 記)

2017

10

21

S40工業機械科卒 クラス会

◆ 開催月日  2017年(平成29年) 10月21日(土)・22日(日)

◆ 会場      越前市 泰澄の杜

◆ 参加者     13名  

◆ 内容     懇親会

今年も10月21日~22日に、40-Mクラス会が行われました。

昨年に引き続き、今回7回目です。幹事は、竹内君(福井出身)、片山君(京都出身)ほか全部で5名が頑張ってもらいました。今回初めて1泊でのクラス会です。米原駅に集合して、参加者の中から提供してくれた車に分乗し、行き先は、福井県越前市の越前糸生温泉「泰(たい)澄(ちょう)の杜(もり)」へ。

北陸は有名温泉があり、ここはあまり知らなかったのであるが、泰澄大師(682~767年)ゆかりの温泉で静かな環境に恵まれた素晴らしい温泉である。

詳しくは、「泰澄の杜」で検索してみてください。

17時前に到着、まずゆっくりと温泉に入り、18時に一同宴会部屋に揃い、残念にも早くして亡くなった友に黙祷を捧げ、幹事代表の挨拶、乾杯と続き、宴会のスタートです。卒業時の顔写真入りの名札が配られましたが、7回目になると名前と顔が一致して、余り必要がなくなりました。でも浴衣に付けて。男性ばかりですが、楽しいおしゃべりの連続で、学生時代のこと、懸命に働いた現役時代、引退した今、妻のこと、健康状態等、実によい雰囲気の中、料理も最高、お酒も最高で後半は、西野君の尺八演奏、皆の要望で演歌を吹いてくれて、併せて歌を唄ったり、カラオケをしたりで、時間の経つのが早いこと。

2次会として幹事さんの部屋で、幹事長の人生論ともいえる講義やクイズあり。

幹事の準備と、企画に感謝である。おまけに若狭のお箸や、コシヒカリを生んだ福井県が、さらに上を目指して創った「いちほまれ」米の現物をもらいました。翌日は、陶芸の村へ、「越前焼の館」にて、焼き物の展示と、実演を見学。さらに越前の刃物の生産工場を見学し、説明を受けいろいろ勉強になりました。

お昼は、有名な越前そばの里にて蕎麦を味わいました。隣に生産工場があり一日に何と5万食の生産能力があるとのこと。日本一である。おいしかったよ~

時期外れの台風が近づき、雨であったが実に有意義で楽しいクラス会でありました。諸々の事情で参加が13名となったのは少しおしまれる。

来年の幹事も決まり再会を約束し、帰路に就いた。

                      報告者 雨森善司

 

2017

7

20

S40農学科卒 クラス会

◆ 開催月日  2017年(平成29年) 7月20日(木)・21日(金)

◆ 会場      彦根 キャッスルリゾート&スパ

◆ 参加者     10名  

◆ 内容     懇親会

私達の同窓会は、3回目で第1回は滋賀県、2回目は福井県、今回5年ぶりに滋賀県での開催となりました。 

7月20~21日の1泊2日、彦根のキャッスルリゾート&スパにおいて、同窓生25人中(物故者8名)10名の参加がありました。数日前、九州で豪雨による災害が発生したので交通について懸念しておりましたが、長崎県佐世保市からも参加下さいました。京阪神等近郊では、自動車の相乗りでの参加もございました。

宴会では、3回目の同窓会であることからお互いに一回目のような戸惑いも無く和やかな雰囲気のもと各自一言づつ近況報告をしました。また、泊まりから気分的に余裕があり、杯を重ねるごとに賑やかな宴となって「学生連れ」の一体感にタイムスリップし、数々の思い出話や自慢話など尽きる事なく時間の経つのも忘れ楽しく歓談することが出来ました。

2次会では、彦根城の夜景を見ながらの談笑となりました。笑うことは、気分爽快になり血圧や血糖値の低下が期待でき健康に良いと言うことでした。他方、直売する農産物の生産技術・販売戦略など貴重な体験や経験、失敗談など意見交換の良き機会になりました。

翌日は、「湖風会」事務局 竹内様が大学の概要説明をして下さいました。環境に恵まれた広大なキャンパス、学部による特色のある校舎など案内して頂きました。見学中多くの学生さんにお出会いし、私達も何か元気をもらったように感じました。

卒業生の活躍を期待しながら「湖風会館」を後にし、次回も元気に再会する事を約束し、また、参加者の固定化傾向から近隣者、知り合いに同窓会参加の呼びかけをすることを確認し散会しました。

                                                報告者 南井

2016

10

22

S40工業機械科卒 クラス会

◆ 開催月日  2016年(平成28年) 10月22日(土)

◆ 会場       彦根 割烹UEKI

◆ 参加者     19名 

◆ 内容     懇親会

平成20年1月に第1回の同窓会を開催して、今年も昨年に引き続き6回目の同窓会を開催し、卒後52年遠方の友も頑張って来てくれて19名の出席を得ました。72才になりそれなりに頭も薄い者や、身体的にも気になるものも多くなりましたが、気持ちは若く楽しい雰囲気でスタートしました。

亡くなった5名の友に黙祷を捧げ、乾杯で懇親会始め。

1.両親の片方でも存命の者は、3人だけでした。

2.飛び込みで、いまどのような生活を送っているか、又この人生を生きてきて感じたことなどを3分以内で、全員に語ってもらい(4分を超えれば強制終了)ました。機械科卒と思えない素晴らしい話を全員がしてくれました。(文系卒?)

また同窓生でプロ級の2人に尺八の演奏をしてもらい楽しみました。3時間余りが本当に短く感じました。

次会の幹事さん3人も決まり、次会も会う事を約束してお開きとなりました。

馬力のある7名は二次会でカラオケを楽しみました。

                             報告者 雨森善司

2015

11

17

S40保育科卒 クラス会

◆ 開催月日  2015年(平成27年) 11月17日(日)

◆ 会場    びわこホテル

 ◆ 参加者  11名

◆ 内容    

懇親会 秋晴れのもと、琵琶湖ホテルで同窓会を開きました。体調の悪い人、都合の悪い人が多く、11名と少人数でしたが、琵琶湖を目の前に、食事やおしゃべり、大正琴での演奏や歌で楽しい内容の濃い集まりとなりました。年齢が一緒なので気取ることなく学生の頃に戻り、半世紀も前のことを昨日のように話すことができ、仲間って良いなあと思いました。 これからも二年毎に集まろうと言う事で皆な健康で頑張ろうと誓いました。

2015

10

24

S40工業機械科卒 クラス会

◆ 開催月日  2015年(平成27年) 10月24日(土)

◆ 会場       彦根 料亭源八

◆ 参加者     23名 

◆ 内容     懇親会

 昨年7月に続き今年も、彦根近住の4名が幹事を務め、第5回のクラス会を開きました。

早くにお知らせを出したおかげか23名の多くの参加を得ました。39名中、5名が亡くなり、2名は住所? 32名で23名と幹事もやれやれ。

初めての参加者もお一人居て、本人が一番「誰かさっぱり判らない」と戸惑っていました。51年ぶりですから。最初は、少し緊張気味でしたが、すぐに和やかな雰囲気になり、昔話や、近況報告にと話が弾みました。

今回も尺八をやっている友が2名いたので、演奏を暫く楽しみました。さすがに71歳となると、手術をした友、通院中の友 、薬を飲んでいる友、肩や腰の痛い友等の多い事。禁酒中や、酒をやめた友もいて、乾杯もお茶でと、いささか寂しくもありました。

楽しい時間は早く、3時間が短く感じられました。二次会も多くの参加で、カラオケを楽しんでくれました。健康に気を付けて、次会も元気でお会いしましょう。遠方からの出席に感謝です。

                                        (雨森善司) 

2014

7

17

S40家政保育科卒 クラス会

◆ 開催月日  2014年(平成26年)  7月17日(木)

◆ 会場      彦根 「かんぽの宿」

◆ 参加者     17名     

◆ 内容    懇親会

各地で豪雨被害のニュースが流れる中、7月17日の彦根は真夏のような陽ざしに溢れ、琵琶湖畔の「かんぽの宿」において第14回保育科卒業生の同窓会を開催いたしました。

 10年前還暦を記念して集って以来、今回は古希を記念しての開催です。

 クラス45名中、余りに多い物故者9名への黙祷に始まり、出席者17名は各々の近況を語らい気持ちはすっかり20歳前の乙女に戻っておりました。地域社会での活動や趣味に生きがいを見い出し、古希という概念など遥か彼方へすっ飛ばしている皆さんのハツラツぶり!

 しかしながら様々な事情で来たくても出席できなかった友に思いを馳せ、我が身の幸せに感謝しつつ、大正琴とオカリナの伴奏で懐かしい歌など歌ったりしてあっという間に時は過ぎ閉会の時間が来てしまいました。

 その時窓から見える琵琶湖に急に黒い雲が一面に立ち込め、稲妻が走り、激しい雨と風が吹き荒れ怖いような不安な気持ちで見守っておりましたが、駅へのバスが出る頃にはそれも治まり、最後までラッキー!な一日でした。

 次回の幹事さんも決まり、2年後再会の予定です。

2014

7

6

S40工業機械科卒 クラス会

◆ 開催月日  2014年(平成26年)  7月6日(日)

◆ 会場      米原エクシブ琵琶湖

◆ 参加者     14名     

◆ 内容    懇親会

平成26年7月6日 4名の幹事で、工学部機械科 昭和40年卒のクラス会を

開催しました。

卒業後満50年を迎え、満70歳になる同級生、昨年に続いて実施しました。少々残念ながら14名の参加になりましたが、高級ホテルで、楽しく和気あいあいの時間を過ごしました。 

50年ぶりの初参加もいてくれて挨拶もあり、又学生時代から続けている、尺八の講釈と、演奏をしてくれた友もいて、素晴らしい時間となりました。 

欠席者からの近況と、一言を一覧と、報告で行われそれぞれが、懐かしく聞きました。

卒業時の顔写真(アルバムより)を一人一人引き伸ばし、配布し、50年後の顔と比べて楽しんだりもしました。 来年も開催を約束して、3時間余りがあっと、いうまで有りました。

 

2013

11

9

S40家政食物学科卒 クラス会

◆ 開催月日  2013年(平成25年)  11月9日 (土)

◆ 会場      彦根キャッスルホテル

◆ 参加者       12名

◆ 内容     懇親会

食物コースのクラス会は、京都、大津、近江八幡など関西での開催を経て、前回の指宿(鹿児島)での集まりから、もう3年半も経ってしまいました。

 久しぶりの彦根は色づきかけた紅葉が優しく迎えてくれました。

 32名の卒業生のうち、物故者が1名、連絡のつかない人3名、体調不良で直前に取りやめた2名などで、無事集まれたのは12名でした。

 各地からの参加者のうち、卒業以来初めての彦根訪問という人もあり、懐かしさもひとしおでした。

 お昼ご飯をいただきながら、それぞれの近況などを語り合いました。

 入学以来50年という歳月には、さまざまな喜びや悲しみが有ったことと思われますが、「こうして顔を合わせると、半世紀を飛び越えてしまえるのが不思議ねえ。」と、頷きあいました。

 埼玉県からの参加の方が、次回のお世話を引き受けてくださることになりました。3年ぐらい後を目途に、関東での開催になります。

 「それまで、みんな元気で頑張りましょうね。」と約束して、楽しい集いはお開きとなりました。

2013

10

4

S40工業化学科卒 クラス会

◆ 開催月日  2013年(平成25年)9月8日 (日)

◆ 会場       彦根キャッスル ホテル

◆ 参加者       18名

◆ 内容     懇親会

昭和40年卒 工業化学科

クラス会 湖風会館 見学!

平成9月8日(日) 彦根市内 キャスルホテルにて開催しました。17名参集した。

現在 同級生は35名(物故者:4名)北は埼玉、南は九州 熊本

 3年前、約束していた開催で「やー元気か?」と再会を喜びあった。今回は現状の話と奥さんとのなれそめの披露で大変盛り上がった。

また、同級生の全員の住所が確認でき、次回のクラス会を平成27年に開催を決めて閉宴した。それから「湖風会館」を見学しました。同窓会活動の拠点となり、自分たちの足跡がよみがえり、未来に受け継がれる様な想いがし、うれしく感じていた。2次会はカラオケで!

以上

                   (記  松下恭明)

12