2018

11

5

S38工業化学色染科卒 クラス会

◆ 開催月日  2018年(平成30年) 11月 5() 6日(火)

◆ 会場       豊田市 猿投温泉 金泉閣

◆ 参加者       11

◆ 内容     懇親会

  第1回のクラス会を平成92月にスタート発足した後に、第2回を平成14年に再開してから毎年連続開催され、今年(平成30年)で第18回目を迎えました。

 同窓生36名中、今年10月現在6名の物故者、5名の住所不明者となっており、参加者は11名での開催となりました(関東1、愛知3、滋賀3、奈良1、京都1、大阪1、九州1、)。

 1日目、集合場所JR名古屋桜通口1330分に9名は指定時間に集合し、地下鉄の藤ヶ丘に下車し、迎えの猿投温泉行きバスにて、「ホテル金泉閣」に1530分到着(2名は夕食18時前到着)後、天然ラドン温泉岩風呂でゆっくりと体を癒し、1年ぶりの懇親宴会が盛り上がり楽しみました。

 2日目は、トヨタ自動車工場見学でロボットによる新車の生産工程(プレス、溶接、塗装、組立)を興味深く観察させていただきました。

 来年(2019年)は、和歌山(白浜)での開催に決まりました。

 

2017

11

7

S38家政保育科卒 クラス会

◆ 開催月日  2017年(平成29年) 11月7日(火)

◆ 会場      阿波観光ホテル

◆ 参加者     14名

◆ 内容     懇親会

 再みつわ会として3回目は阿波の徳島で開きました。

 海を渡っての会なので、時間的・体力的に無理のある方がおられるのではと気がかりでしたが、石川・福井・岐阜・滋賀・京都・兵庫・島根・徳島の各地から14名の参加がありました。

 当日、徳島駅に集合後、会場のホテルに移動し、郷土色のある料理を味わいながら、一人ひとり現況や思いを話しました。話の内容は、社会福祉面での活動、教育・保育にかかわる活動、地域のお世話、ボランテイア活動などに力を尽くされていること、興味や特技を楽しんでいること、家庭での役割に全力投球されていることなどです。個々の生き生きした生活の様子が浮かび上がり、お互いに分かりあえる良い機会となりました。

 せっかくの阿波の徳島の会なので、時間の許す限り徳島の探検もしました。ロープウエーで眉山山頂へ、阿波踊りの見学と踊り体験、大塚美術館での鑑賞などです。

 私たちは、健康で明るく「日々是好日」を願う年齢になりました。クラス会に参加し,思いを語り、心和む時を過ごせたことは全員が「また、来年も逢いましょう」の願いに繋がりました。2018年は彦根での開催に決まりました。

文責:江濱邦子

2017

10

27

S38化学色染科卒 クラス会

◆ 開催月日  2017年(平成29年) 10月27日(金)・28日(土)

◆ 会場      湯の花温泉

◆ 参加者     9名

◆ 内容     懇親会

会の名称『湖彦会』として毎年クラス会を開催しています。同窓生36名中、今年10月現在6名の物故者、4名の連絡先不明者となっていて毎回参加者は10名前後。宴会場での記念撮影ではアクア地にインジゴ色で湖彦会の旗がシンボルマークです。

今回で17回目、参加者は9名快晴に恵まれた集合場所のJR嵯峨野駅に定刻通り全員集まった。九州、関東の遠方からの人も疲れた様子もなく一年振りの再会となった。そして今宵の宿、湯の花温泉のある亀岡駅までトロッコ列車で。次の日は生憎、一週間前の台風の影響で保津川下りが運行中止のため雨にぬれる嵯峨野路の散策、天龍寺で精進料理を楽しみ散会した。

 

2016

11

28

S38工業建築科卒 クラス会

◆ 開催月日  2016年(平成28年) 11月28日 (月)~ 29日(火)

◆ 会場       永源寺 「八風の湯」

◆ 参加者     12名 

◆ 内容     懇親会

平成25年11月4~5日に会催された「琵琶湖で集う同窓会」から、早くも3年経った11月28~29日、紅葉の名所、滋賀県永源寺のふもと「八風の湯」に12名の同級生が集まりました。

昭和38年卒業の「三八会」は36名ですが、そのうち3名は残念ながら他界され、連絡のとれる者となると31名になります。そんな中で、東日本大震災で被災された熊谷さんから、5年間の仮設住宅から新しい住まいに移られたとの便りはとてもうれしいニュースでした。

今回、欠席された中には病床にいる方も多く、出席した人たちも一つや二つ病気を抱えている人がほとんどでいよいよ後期高齢者の仲間入りかと思いましたが、いざ、12名が顔を合わせたとたんに、笑顔と歓声とともに大学時代にもどってしまい、それからは、宴会の後の2次会を一つの部屋で11時頃まで楽しく語り明かしました。

次の日は、その疲れも見せず、私たちと同じような落ち葉真っ盛りの永源寺を参拝しました。

帰る頃には、皆さん10才ほど若返り、2年後の東京での開催を楽しみに帰路につきました。

2016

11

11

S38工業化学科卒 クラス会

◆ 開催月日  2016年(平成28年) 11月11 (金)

◆ 会場       雄琴温泉 湯元館 

◆ 参加者     11名 

◆ 内容     懇親会

去る11月11日、昭和38年度卒業・滋賀県立短期大学工業部化学色染科の同窓会を開催しました。

当日は 久しぶりの”日帰り同窓会”だったにもかかわらず、参加者数は11名と ほぼいつも通りの人数で、幹事として多少ふふくでした。

しかし 昔話や近況を話し合い、楽しいひと時を過ごすことができました。

平成9年の第一回から数えて、今回がなんと第16回目となります。

全員が ずっと元気で この先も出来る限り長く続いていけることを願ってやみません。

2016

11

8

S38保育科卒 クラス会

◆ 開催月日  2016年(平成28年) 11月8 (火)

◆ 会場       芦屋 西村屋芦屋店 

◆ 参加者     22名 

◆ 内容     懇親会

”再みつわ会”として昨年より始まった今年、2回目のクラス会でした。

今年は、神戸・芦屋の中村さんがお世話していただきました。

一日一日の日々を大切に過ごしていかなければならない年齢になり、参加者が欠けていくのではないかと案じていましたが、昨年より多くの参加者(22名)が集いました。

(北陸2名 岐阜2名 長浜3名、彦根・能登川4名 野洲・草津・大津3名 京都1名 大阪1名 兵庫3名、徳島1名、奈良1名、)

JR芦屋駅に集合、昼食会場へ移動して、楽しい昼食のひと時が始まり、一機におしゃべりの花が咲きました。

日常の生活では、それぞれ自分の体力・気力に合った活動をされていること、まだまだ現役で地域のボランテア活動に情熱を注いでいる方もあり、良い刺激を受けました。

このように集いに参加できて、日常生活への癒しともなり、心和む楽しいひと時は、これからの余生のいい思い出となります。

 日々、健康で明るく過ごし、次期のクラス会を「徳島」でやりましょう、と徳島にバトンが渡りました。  文責・西出倭子

2015

10

27

S38保育科卒 クラス会

◆ 開催月日  2015年(平成27年) 10月27日(火)

◆ 会場       県立大学湖風会館

◆ 参加者     18名 

◆ 内容     懇親会

 広大な敷地に幾つも点在する建物(学舎)、おしゃれな尖塔(えんぴつ塔)。「ホテルと間違う人もいますよ」とタクシーの運転手さん。

 滋賀県立短大という名の母校はなくなってしまい、残念であるが、廃校になった訳ではでもなく、同窓会館を共有できることはありがたい。

 秋晴れの当日、湖風会館において3年ぶりのクラス会。実は、2011年6月長浜ロイヤルホテルでのクラス会が最終という事になっていた。しかし「寂しいね」とか「また会いたいね」が、「やっぱりもう一度集まろう」となり、彦根在住の方がお世話をいただき開催しました。

                                                                                                        文責 大西

 

 

2015

5

23

S38工業機械科卒 クラス会

◆ 開催月日  2015年(平成27年) 5月23日(日)~24日(月)

◆ 会場      かんぽの宿彦根

◆ 参加者     11名 

◆ 内容    懇親会

 去年は5月12・13日に「休暇村近江八幡」と10月22・23日の「信楽たらお温泉」でした。今回は5月23・24日に琵琶湖湖畔松原の「かんぽの宿彦根」で一泊のクラス会を開催しました。大阪、岐阜からのマイカーとJRとバス乗り継ぎにて集合、参加者は計11人でした。

年をとっても皆学生時代と同じ顔です。元気です。仕事とか、老人会の役員とかで、残念だが参加出来ない方もおられました。

 経験談、自慢話、元気に楽しく仕事をしています。足腰が弱ったとか痛いとか、こんな病気を患ったが今は元気。今でこそ笑って話せる琵琶湖でのボート災難。人生哲学話、等々お酒を酌み交わし笑いながらの一晩を過ごしました。

翌朝は湖風会館の見学と、近くの欠席者2人の宅へ寄り道をしました。次回も誘い合って1人でも多く元気に顔が合わせるように、皆健康に留意して、再会を誓い合ってわかれました。

                                          報告者  市橋 英昭

2014

10

2

S38工業化学科卒 クラス会

◆ 開催月日  2014年(平成26年) 10月2日(木)~3日(金)

◆ 会場      下呂温泉 水明館

◆ 参加者     10名     

◆ 内容    懇親会

今年も、さわやかな秋晴れのもと下呂温泉で1泊2日の同窓会が開催されました。

平成9年に第1回のクラス会を開催して以来、今年で14回目を迎え、短大を卒業して50年目の記念の同窓会となりました。

2014

5

12

S38年機械紡織科卒クラス会

◆ 開催月日  2014年(平成26年)  5月12日 (月)~13日(火)

◆ 会場      休暇村 近江八幡

◆ 参加者       13名   

◆ 内容     懇親会

卒業後半世紀経って初めてお会いする方を含めて、琵琶湖湖畔の休暇村近江八幡で一泊の機械紡織科クラス会を開催しました。大阪、岐阜からのマイカーとJRとバス乗り継ぎにて集合、参加者は計13人で開催しました。

年をとっても皆元気です。現役で仕事があるため、ボランティア活動や老人会の幹事とかで、残念だが参加出来ない方も沢山おられました。

宴会では学生時代の思い出、今までの経験談、足腰が痛いとか、こんな病気を患ったが今は元気とかを語らい、笑いながらの一晩を過ごしました。

翌朝は「近江八幡水郷めぐり」、一晩中降り続いた雨もからりと晴れ、風もなく寒くも暑くもない絶好の水郷めくりでした。一艘借り切り「手こぎ舟」でのヨシ原の水路めぐり、まわりは青々とした新芽のヨシと黄色い去年のヨシ、生え際を対象線にして水面に映りこむ風景には癒されました。昨日の宴会の程よい二日酔いとマッチしたのか、年のせいか、腹を割って話しが出来る同級生同士が膝を突き合わせているせいなのか「自然っていいものだ」の連発でした。静かでした。我々の雑談する声とキキキキキーと鳴くヨシきりの声だけでした。

下船後、次回クラス会を楽しみに皆健康に留意して、元気に再会しましょうを誓い合ってわかれました。     報告者 市橋英昭

12