2019 , 01 , 1

新年のご挨拶

                                               2019年新年のご挨拶

                        湖風会会長  矢吹 安子

 明けましておめでとうございます。

 ご家族お揃いで輝かしい新春をお迎えのことと心からお喜び申し上げます。新しい年が滋賀県立大学同窓会「湖風会」の皆さまに幸多き年でありますようお祈り申し上げます

 

 近年は、豪雪地帯以外でも大雪にみまわれ、地震、竜巻、豪雨災害、気象庁の統計開始以来、最高記録を更新する猛暑等々、いつ何が起きるか予測できない状況です。自然の破壊力のすさまじさに、私たちの大切な命や財産を奪われることへの恐怖を覚えます。そして改めて防災・減災を考え行動しなければと強く思います。

 また、今年の千支は「亥」。どうぞ、穏やかな年でありますようにと祈ります。

 それでは、同窓会「湖風会」の話に入りましょう。

 昨年の111718日に行われました大学祭「湖風祭」では、人間文化学部として「紙芝居」「折り紙」「お抹茶でおもてなし」等を催されました。親子での参加者も多く大賑わいとなりました。さらに、工学部学友会総会、工業部・農業部・家政部の昭和44年卒〈古希〉の同期会も開催されました。その時「県立短期大学を卒業してから初めて来ました」と喜び、感謝されている人もおられました。これからもより多くのクラス会や同好会が実施され、和気あいあいの中、思い出話に花が咲き、懐かしんでいただく一時も大切だと思いました。

 また、役員会や総務委員会等では、これからどんな同窓会として「湖風会」を盛り立てていくのか、活発な意見交換が行われています。

 そして、少子高齢化が進み大学間の競争も激化している時だからこそ、私たち滋賀県立大学同窓会「湖風会」は、学生募集、就職支援等の面でも大学と緊密に連携しつつ、誇れる大学づくりのお役に立ちたいと願っています。

 同窓会「湖風会」の皆さまのご支援とご協力をいただきながら、ともに歩んでまいりましょう。

 本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。